ひろびろレンタルキッチンスペース「パティア」

03-6328-3430

平日9:00~19:30

土曜:10:00~18:30

チームビルディング 【チームビルディングにおすすめ】マシュマロチャレンジについて詳しくご紹介!

部署やプロジェクトチームが立ち上げられて間もない頃にこんな経験をしたことはありませんか?周りのメンバーがどんな人柄なのか、どんな事が得意なのか分からないために、仕事を頼みづらかったり、助けを求めづらかったり。そんな時におすすめなのがチームビルディングです。

チームビルディングとは。どんなチームビルディングがおすすめ?

チームビルディングとは、チームのメンバーが同じ目標に向かって各自のスキルや能力、経験を最大限に活かし、目標を達成できるチームを作り上げていくための取り組みのことを指します。結成間もないチームにとって、チームビルディングを通してお互いを知ることが非常に重要です。

そんなチームビルディングの中でもオススメなのが「マシュマロチャレンジ」です。

今回はマシュマロチャレンジのルールと期待できる効果について説明していきたいと思います。

参加人数

4~100人以上(1チーム4人)

予算

1000円程度×チーム数分

会場

屋内(チーム数分のテーブルが必要)

所要時間・進行例

120分程度

  • チーム分け(抽選方式)
  • 自己紹介やチーム名決めなど
  • ルール説明
  • 1回目のチャレンジ
  • 計測&結果発表
  • 振り返り+メンバーに感想を聞く
  • 2回目のチャレンジ
  • 計測&優勝チーム発表
  • 振り返り+メンバーに感想を聞く+閉会
  • 後日期限を設けて各メンバーからアンケート収集

マシュマロチャレンジの基本的なやり方

用意するもの(下記は1チーム分)

・乾燥パスタ(1.7㎜推奨):20本

・マスキングテープ:90㎝

・ヒモ:90㎝

・マシュマロ:1つ

・ハサミ:1つ

・メジャー:1つ(記録測定のため)

マシュマロチャレンジ(マシュマロタワーとも呼ばれる)とは、これらの道具を用いて制限時間内にいかに高い自立式のタワーを建てられるかを競うゲームです。続いて細かいルールを見ていきましょう。

 

ルール

・4人1チーム

・制限時間は作戦タイムも含めて18分間

・自立可能で出来るだけ高いタワーを立てること

(テープで足場を固定してはいけない)

・立てたタワーの上にマシュマロを置くこと

(パスタに刺してもOK)

・パスタやテープ、ヒモを切ったり貼ったりするのはOK

(マシュマロは切ってはいけない)

・高さを計測している最中もタワーは自立していなければならない

以上がルールです。いかがでしょうか、身近なものですぐにできるので思わずやってみたくなりますよね。

 

このマシュマロチャレンジ、実際にやってみると想像よりも難しいゲームであるということが分かります。最終的にタワーの上にマシュマロを置かなくてはいけないというルールがあるのでしっかりとした強度のあるタワーを建てないといけません。おおよその完成形を決めて作成に取り掛かってもパスタは細いのでとてもしなる。補強をしたくても使える材料は本数や長さが決められている。どの程度の長さで使うのが適切なのだろうか?パスタは折ってしまってもよいのだろうか?やってみると様々な問題と悩みにぶち当たります。当初の予定を変更しようにもチームの意見がまとまらない。とりあえず手は動かさなきゃ・・・そんなことをやっているうちに18分という時間はあっという間に経過してしまいます。

いいところまでいったけれど最後のマシュマロを置いた時点で崩れてしまったチームや強固なタワーに仕上がったけど高さが伸び悩んだチーム、今にも倒れそうで高さの計測に間に合うのかハラハラドキドキのチームなど、結果は様々になると思います。

各チームの高さの計測が終わったら振り返りを行いましょう。良かった点、悪かった点は何だったのか、周りのチームを見ての気づき等を話し合っているうちにもう一度やりたいとうずうずしてくる事でしょう。

そして前回の記録を超えることを目標に第2回戦を行います。終わったら計測をして、全体で一番高いタワーを建てたチームが優勝です。

最後に感想を発表してもらいましょう。その際、自分自身はゲーム中何をしていたのか、チームとしてはどんな状態になっていたのか、今後の業務にどう活かせるのかということ考えてもらうと学びが大きなものになりますよ。

ちなみに世界記録は99㎝で平均記録は50㎝です。そして驚くべきことに幼稚園児が行うと平均記録よりも高い記録を出すこともよくあるようです。

期待できる効果は?

マシュマロチャレンジは限られた時間と資源の中で如何にして高い目標を達成するかというゲームです。これは日常の仕事の縮図とも言えるのではないでしょうか。

そして18分という短い時間の中で「どう考え」「どう発信するのか」という姿勢は、不思議と仕事に対する姿勢と似ているといいます。マシュマロチャレンジは周りのメンバーの素の姿を垣間見ることもできます。その人は何が得意なのか、チームの中ではどういう役割が向いているか等を深く知ることが出来るでしょう。

また自分自身についても振り返りを行うことで、自分自身がチームの中で「どうあるべきか」も見えてくると思います。

マシュマロチャレンジは、世界中の著名人による様々な講演会を開催・配信しているTED(Technology Entertainment Design)でも紹介されたことがあります。下記動画でご確認いただけます。世界的デザイナーのトム・ウージェック氏が短いプレゼンの中でマシュマロチャレンジの面白さを解説しています。※日本語字幕でご覧ください

 

まとめ

マシュマロチャレンジを行えばチームのメンバーがどういう人柄なのか、また自分自身はチームの中でどうあるべきなのかが浮き彫りになってきます。したがってまだお互いを深く理解できていないと感じている若いチームにピッタリです。

マシュマロチャレンジは身近なものだけで行えますが、完成形もそこにたどり着くまでのプロセスも無限大なとても奥が深いゲームです。あなたのチームも世界一の記録に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

\レンタルキッチンが気になったらパティアをチェック /

「レンタルキッチンスペース パティア」公式サイト

※当スペースでは、新型コロナ拡大防止対策を行っています。ご利用の際は、お客様同士の距離の確保やマスクの着用などに配慮した上で楽しんで頂けますようお願い申し上げます。

関連記事

一石二鳥!ネタに迷ったら歓送迎会を兼ねた「料理でチームビルディング」がおすすめ(2021/02/24)

【厳選】チームビルディングの効果がより感じられるアクティビティ3選!(2020/04/01)

結束力が高まる料理でチームビルディングのすすめ(2019/12/12)