ひろびろレンタルキッチンスペース「パティア」

03-6328-3430

平日9:00~19:30

土曜:10:00~18:30

チームビルディング 「ワールドカフェ」がイノベーションの創造に有効!やり方とは 

チームビルディングイノベーションの創造に繋がる 

チームビルディングとは、チームのメンバーそれぞれが主体的に個性や能力を発揮しながらも、一体となって目標達成を目指す組織作りのことです。チームビルディングの効果として、「チームのパフォーマンス向上」はよく耳にすると思いますが、その他にも「イノベーションの創造」に繋がる効果もあることはご存じでしょうか。世の中では、日々新しいサービスや技術が生まれ、顧客の欲求も変わります。そこで、近年企業では社員のイノベーションを促すこと重要視していますここでは、イノベーションに重点を置いたチームビルディングの手法をご紹介していきます。 

イノベーションの重要性 

近年なぜ「イノベーション」が重要視されているのでしょうか。 

イノベーションとは、それまでのモノ、仕組み、サービスなどに対して、全く違う考えや技術をぶつけて新しい価値を生み出すことです。社会の変化と共に、顧客の欲求も変化します。古い考え方に捕らわれていては、変化に順応することはできません。変化にいち早く気づき、顧客の欲求を満足させることができるかが企業の今後の成長において重要です。イノベーションは企業が生き残るために必要なことといっても過言ではありません。しかし、ただ待っているだけではイノベーションを起こすことは難しいです。イノベーションをいかに起こさせるかが企業の課題といえるでしょう。そこで、イノベーションを起こさせる取り組みの1つにチームビルディングがあります。特にイノベーションへの効果発揮さやすいのがチームビルディングの手法の1つである「ワールドカフェ」です 

ワールドカフェとは  

ワールドカフェとは、カフェのようなリラックスできる空間でこそ、オープンな会話が誘発され、新たな発想が創出されるという考え方から開発された話し合いの手法です。 

ワールドカフェの原点は1995年にアニータ・ブラウン氏(Juanita Brown)とデイヴィッド・アイザックス氏(David Isaacs)が自宅に知的資本経営に関する専門家を招き話し合いを行ったところから始まります。当初は雰囲気の良い裏庭で話し合いの場を設ける予定でしたが、雨が降ってしまい、困った2人がどうしたら室内でリラックスした雰囲気作りができるかと悩み、カフェのように各テーブルにクロス代わりに模造紙を敷き、花瓶を置き、コーヒーと軽食を用意し、話し合いに臨みました。すると、自然と自由で活発的な会話が生まれ、模造紙にそれぞれのアイデアを書き込みました。メンバーチェンジをしながら話し合いを続けていくと、最終的に多様な考え、知識が共有され、参加者は今までにない一体感を覚えました。それがワールドカフェ誕生のきっかけです。 

ワールドカフェのやり方 

(用意するもの) 

・模造紙 

・カラーペン 

・小物(花やテーブルクロスなど会場を和やかな雰囲気演出させるもの) 

・お菓子、飲み物 

(会場手配と設営) 

会場は会議室を使うのでも良いですし、ガラリと雰囲気を変えてレンタルスペースを手配するのもおすすめです。上で述べたように、ワールドカフェはカフェのようなオープンな雰囲気に会場を整えておくことがポイントです。各テーブルにテーブルクロス、花、飲み物、お菓子を置いてリラックスできる環境を作りましょう。 

(当日の流れ) 

①テーマの発表とワールドカフェの目的の説明  

ファシリテーターがテーマを発表します。テーマは、多種多様な考え、アイデアが交わされることを想定した問い形式のテーマを用意しましょう。開催目的によって投げかけられる問いは変わってきますが、イノベーションを起こすことを目的としているのであれば、「自社の既存のサービスをよりよくするためには」といった問いを用意するといいでしょう。ワールドカフェは、決められたテーマに沿って参加者それぞれが自由に意見を出し合い、知識を共有し、更なる発想の発展へと繋げることを目的としています。ファシリテーターは初めに、正解は無いこと、反対意見を述べる事が目的ではないことを参加者に説明しおくことが大切です。 

②グループに分かれて計3回対話を行う 

1テーブル4~5人のグループに分かれ計3回の対話を行います。対話は1回20~30分です少人数に留めておくことで時間内に全員が発言できます。1回目の対話では、自由に意見を出し合い、出た意見を模造紙に書いていきます。 

2回目の対話では、各グループのメンバーを1人残し、他のメンバーは別のグループへ移ります。そして新たなグループにて、残されたメンバーが1回目の対話で何を話したのかを新たなメンバーに共有します。共有された内容を踏まえ、各自1回目の対話の内容について深堀していきます。メンバーが変わることで新たな視点が加わり、更なるアイデアが創造されます。 

3回目の対話では、それぞれのメンバーが1回目に座っていたテーブルに戻り、2度目の対話についてシェアし合います。グループを変えたことで、1度目では得られなかった意見や気づきを持ち帰ることができるでしょう。 

③発表 

最後に各グループのリーダーがテーマについてどんな意見が出たのか、気づきなどを発表します。対話と共有を繰り返し行ったことで、様々な意見、アイデアが混ざり合い、参加者全員で話し合ったような一体感を味わえることができます。 

(ワールドカフェのメリット) 

・お菓子、飲み物が用意されてい、通常の会議とは違いリラックスしたムードで挑める 

・討論が目的ではないので、自分の意見を発言しやすい 

・多種多様な意見が混ざり合うことで、新たな発想が生まれる 

一体感を味わえたことの経験により、通常の業務においても意見を出し合えるチームになれる 

まとめ 

イノベーションの必要性を感じているのであれば、イノベーションを起こさせるための取り組みが必要不可欠です。ワールドカフェは、カフェのようなリラックスしたオープンな環境で、多種多様な意見やアイデアが生まれやすくなりますそのため、イノベーションを起こすにはうってつけの手法といえるでしょう。 

 

\レンタルキッチンが気になったらパティアをチェック /

「レンタルキッチンスペース パティア」公式サイト

※当スペースでは、新型コロナ拡大防止対策を行っています。ご利用の際は、お客様同士の距離の確保やマスクの着用などに配慮した上で楽しんで頂けますようお願い申し上げます。

関連記事

少人数でも出来るチームビルディングとは?似顔絵当てゲームがおすすめ(2021/03/09)

「チームビルディング・買い物と料理」でコミュニケーションを活性化させましょう!(2021/03/05)

リモートワークこそコンセンサスが重要!オンラインでも出来るNASAゲームとは(2021/03/02)

【チームビルディングにおすすめ】マシュマロチャレンジについて詳しくご紹介!(2021/02/26)

一石二鳥!ネタに迷ったら歓送迎会を兼ねた「料理でチームビルディング」がおすすめ(2021/02/24)