ひろびろレンタルキッチンスペース「パティア」

03-6328-3430

平日9:00~19:30

土曜:10:00~18:30

チームビルディング 「ヘリウムリング」でチーム力を高めて、成果を上げられるチームにしよう!

若いチームに必要なのは問題解決力!

春、この季節は新入社員が入ってきたり、人事異動や新しいプロジェクトが始動したりということが多いシーズンですね。新鮮な顔ぶれで目標に向かって動き出したとき、チームとしてうまく機能せずに問題にぶつかり立ち止まってしまうことはありませんか? そんな時には自分たちがどんな状況なのかを理解し、どうすれば問題を解決出来るかを知っているかどうかが大きな鍵となります。

ここではチームで問題解決をするときに知っておきたい「タックマンモデル」という考え方の解説と「タックマンモデル」を短時間で体験することが出来るチームビルディング「ヘリウムリング」の解説をしていきます。

タックマンモデルとは?

タックマンモデルとは、1965年に心理学者のブルース・W・タックマンが提唱した考え方で、組織(チーム)の成長段階を表したもの。

形成期、混乱期、統一期、機能期、散会期の5段階を経て、成果を出せるチームは完成する、と言われています。

簡単に各発達段階についてご紹介していきます。

1:形成期

→チームを組んだばかりの時期。遠慮や緊張が見られ、なかなか自分の意見が言えない状態。

2:混乱期

→チームの目標を達成するにあたって、意見や主張がぶつかり合う状態。チームの成長に繋がるとても大切な時期。

3:統一期

→ぶつかり合いを経て、メンバーひとりひとりの役割が明確になる時期。

4:機能期 

→チームに団結力が生まれ、成果をあげられる時期。

5:散会期

→チームの目的を達成し、メンバーがそれぞれ別の目的に向かって動き出す時期。

以上の5段階を経ることで、期待通りにチームが機能するようになると説いています。

このタックマンモデルを短時間で体験できるのが「ヘリウムリング」です。

ヘリウムリングのやり方は?

①1チーム(6~10名ほど)につき、1つのフラフープを用意する

②フラフープを囲むように円になる

③胸の高さで利き手の人差し指の第一関節にフラフープを乗せる

④立った状態から、誰も指を離さずにフラフープを地面に置くことができたらゴール

⑤振り返り

※誰かの指が離れてしまったり、別の指を使った場合は最初の高さまで戻す

※制限時間は5分以内

※人数が多いほど難易度がアップします。人数が少ない時は両手で行うと難易度が上げられます。

ルールだけ聞くと簡単そうに感じますが、実は一筋縄ではいかないゲームなんです。

 

ゲームの流れをタックマンモデルに照らし合わせて見ていきましょう。

【形成期】ゲーム開始直後、多くのチームは戸惑いながらも「とりあえずやってみる」という行動をとります。そして、フラフープから指を離すまいという気持ちのせいで、本来下げなければいけないフラフープに対して上に力が入ってしまいます。隣が上に上げたから私もついていかなきゃ!と、どんどん上に行ってしまい簡単に指が離れてしまい失敗をしてしまう。

【混乱期】簡単にいくゲームではないことが分かると一気にパニックムード。どうすればフラフープを下げられるのか話し合いを始めるようになります。

【統一期】この段階からはチームごとにいろいろな取り組み方になります。入念な話し合いをしてからチャレンジするチーム。強いリーダーが現れて周りに指示を出し、引っ張っていくチーム、試行錯誤を繰り返して何度もチャレンジするチームなど様々なチームカラーが現れてきます。

【機能期】チームごとにプロセスは異なりますが次第にコツをつかみ、最後にはフラフープを下に置き無事ゴール。

【散会期】ゲームを終えて振り返りを行う。何がポイントとなって成功できたのか、この成功体験は業務にどう活かせるかを考える。

この様に「ヘリウムリング」では短い時間の中でタックマンモデルの各発達段階を体験することが可能です。

まとめ

ヘリウムリングを行い無事にゴールすることが出来た時には、自然とタックマンモデルの流れをチーム全体で体験出来ています。

ヘリウムリングで意見をぶつけ合い、失敗と挑戦を繰り返しながらコツをつかみ、ゴールをすることが出来た時にはチームとして問題を解決するコツをつかんでいるはずです。

チームで大きな壁にぶち当たり、解決方法が見つからず悩んでいるときにはチームビルディング「ヘリウムリング」を取り入れてチーム力を高めてみてはいかがでしょうか。

 

\レンタルキッチンが気になったらパティアをチェック /

「レンタルキッチンスペース パティア」公式サイト

※当スペースでは、新型コロナ拡大防止対策を行っています。ご利用の際は、お客様同士の距離の確保やマスクの着用などに配慮した上で楽しんで頂けますようお願い申し上げます。

関連記事

「ワールドカフェ」がイノベーションの創造に有効!やり方とは (2021/03/12)

少人数でも出来るチームビルディングとは?似顔絵当てゲームがおすすめ(2021/03/09)

「チームビルディング・買い物と料理」でコミュニケーションを活性化させましょう!(2021/03/05)

リモートワークこそコンセンサスが重要!オンラインでも出来るNASAゲームとは(2021/03/02)

【チームビルディングにおすすめ】マシュマロチャレンジについて詳しくご紹介!(2021/02/26)