ひろびろレンタルキッチンスペース「パティア」
03-6328-3430

平日9:00~19:30

土曜:10:00~18:30

チームビルディング(その他) 社内イベントを開催するなら秋がオススメ!秋はイベントの宝庫。

残暑が続き、秋が恋しい今日この頃です。秋といえば何かと「〇〇な秋」というフレーズがよく使われます。「スポーツの秋」、「食欲の秋」、「芸術の秋」・・・などなど様々な秋が思いつきます。

さて、過ごしやすい気候の秋に社内イベントを開催される企業様が多いようです。ほとんどの方は少し余裕を持って今の時期から準備に取り掛かるのではないでしょうか。今年はどんなイベントを開催するかお決まりですか?まだお決まりではないという方に向けて、秋にピッタリな社内イベント5種類をご紹介します。

■目次
1. そもそも社内イベントは必要なの?
2. 秋にピッタリなイベントとは??
 2-1. スポーツの秋!「社内運動会」
 2-2. 運動会よりもカジュアルに!「社内ボウリング大会」
 2-3. 芸術の秋!「ペイントパーティー」
 2-4. 思いっきり楽しめる!「ハロウィンパーティー」
 2-5.  食欲の秋!「料理パーティー」
3. まとめ

 

そもそも社内イベントは必要なの?

株式会社JTBコミュニケーションデザインが実施した「社内イベントに関するモチベーション調査」によると、社内イベントに対し、全体の58%が「人と直接会って話ができる良い機会」とポジティブに捉えています。このことから、社内イベントは一定の需要があることがうかがえます。また、社内イベント実施後の職場の変化についてのアンケートでは、「職場の中でコミュニケーションが増えた」(51%)が最も高く、次いで「他の部門と仕事がしやすくなった」(43%)、「仕事に対するモチベーションが上がった」(37%)が上位に挙がっています。

毎日同じように座って仕事していては、変化は訪れません。時には普段の業務から離れることも大切です。リラックスした状態でコミュニケーションを図れば、自然と心の距離感が近くなり、信頼関係の構築へとつなげることができます。

 

秋にピッタリなイベントとは?

 

・スポーツの秋!「社内運動会」

運動会は定番の社内イベントの1つです。

秋は体を動かすのに絶好のシーズン!ということもあり、秋におすすめのイベントとしては欠かせません。近年、リモート勤務を導入される企業が増え、実際に顔を合わせることが少なくなったことで社員同士のコミュニケーション不足が問題になっています。このような状況の中、社内運動会はコミュニケーション不足解消に最適なイベントとして、人気が高まっているようです。チームが一致団結となって気持ちよい汗を流せば、自然とチームワークが向上します。また、普段デスクワーク中心の社員の方であれば、思いっきり体を動かしたり、大きな掛け声を出すことでストレス解消にも繋がります。運動で心と体がリフレッシュすることにより、イベント後は社内の雰囲気が明るくなり活気が増すことでしょう。

 

・運動会よりもカジュアルに!「社内ボウリング大会」

年齢、性別問わず楽しめるスポーツといえば、ボウリングです。運動会よりももっと社員がカジュアルに参加できるものにしたいとお思いの方にはボウリング大会がおすすめです。レーン対抗のチーム戦にすることで、スペアやストライクをとる度にハイタッチをして喜びを分かち合ったりと大盛り上がり間違いありません!普段交流の少ない他部署の方と気さくに話ができる良い機会です。豪華賞品を用意しておけば、参加意欲がアップするでしょう。また、天候に左右されないというメリットもあります。

 

・芸術の秋!「ペイントパーティー」

爽やかな空気と美しい紅葉。芸術の秋といわれるように、秋は創作意欲が刺激される季節です。そんな秋には「ペイントパーティー」はいかがでしょうか。ペイントパーティーとは、2007年頃にニューヨークで始まった絵画イベントのことで、仲間と一緒にお酒を飲みながら絵を描くアクティビティです。日本ではまだまだ馴染みが少ないかもしれませんが、欧米ではこういった絵を描くアクティビティが、企業の福利厚生やチームビルディングの一貫としても多く利用されており、連帯感の向上、ストレス軽減、クリエイティブ思考を後押しする、などの効果があると言われています。フェイスブックジャパン株式会社がペイントパーティーを実施したことで注目が集まり、日本でもペイントパーティーを導入される会社が増えているようです。

参考:働き方改革に!日本初「オフィスでペイントパーティー」を提供開始

 

・思いっきり楽しめる!「ハロウィンパーティー」

秋のイベントといえば、ハロウィンも忘れてはいけません。参加して良かった社内イベントは?というアンケートでは、ハロウィンイベントが第4位という結果に!

参考:https://www.job-terminal.com/article/info/survey500/survey500-13

ハロウィンパーティーは、仲間との交流を深めるコンテンツが作りやすいのが魅力です。メジャーなものでいえば、チーム対抗の仮装コンテストです。どんな仮装をするのか、衣装をどうするのか、お互いにメイクをしあうといった工程によりチームの一体感が味わえます。

他には、カボチャをくり抜いてカボチャのおばけ(ジャック・オー・ランタン)を作ってみるのもおすすめです。皮が厚いカボチャを切り抜くのは、なかなかの力作業です。カボチャをくり抜く際に、誰かに押さえてもらわなければならないことも。協力して作ることで、コミュニケーションが促されます。同じカボチャを使っても、掘る人が違うことで、目や口の大きさ・形が違う表情豊かなジャック・オー・ランタンが出来上がるでしょう。

 

・食欲の秋!「料理パーティー」

「〇〇の秋」といえば?のアンケートで堂々の第一位が「食欲」だそうです。「実りの秋」とも呼ばれるように、美味しい食材が豊富な季節です。甘くてほくほくのサツマイモやカボチャや栗。脂の乗ったサンマ。ジューシーな梨やぶどう。香り豊かな松茸。挙げ出したら切りがありません。夏は暑さで食欲が低下しますが、秋は食欲も回復し食べることが何よりの楽しみになりますよね。そんな秋には、社内イベントとして「料理パーティー」をしてみてはいかがでしょうか。料理パーティーは、ただ食べるのではなく、「仲間と一緒に料理を作る」ことがポイントです。料理には、「役割分担」「段取り」「協力」「クリエイティビティ」が学べ、チームビルディングには欠かせない必要要素がたくさん含まれています。

例えば、「秋の味覚を使った料理」をテーマに料理対決をしてみてはどうでしょうか。一緒にアイデアを出し合い、料理を作ることで社員同士の絆が一層深まります。

 

まとめ

今回は秋におすすめの社内イベントとして、

・チームが一致団結できる運動会

・他部署とも気さくに交流ができるボウリング大会

・お酒を飲みながら、リラックスした状態で仲間と一緒に絵を描くペイントパーティー

・仲間とワイワイ交流が深められるハロウィンパーティー、

・社員同士の絆が一層深まる料理パーティー

の5種類をご紹介しました。あなたの会社でもやってみたい!と思っていただけるアイデアはありましたでしょうか。

社内イベントに最適な季節である秋に向けて、企画準備を始める方も多いはず。そんな方のヒントになれば幸いです。

 

 

 

関連記事

決起会で寿司握り体験をした話 (2021/08/3)

社内イベントは必要?「料理パーティー」を選択するメリットとは。(2021/07/30)

料理対決で盛り上がろう!会社の親睦会をより楽しくする秘訣(2021/07/27)

「料理でチームビルディング」の会場選びで抑えておくべき点とは~イベント、ワークショップでも役立ちます!~(2021/07/26)

社内で夏を感じる料理イベントしませんか?(2021/07/26)

 

\レンタルキッチンが気になったらパティアをチェック /

「レンタルキッチンスペース パティア」公式サイト

※当スペースでは、新型コロナ拡大防止対策を行っています。ご利用の際は、お客様同士の距離の確保やマスクの着用などに配慮した上で楽しんで頂けますようお願い申し上げます。