ひろびろレンタルキッチンスペース「パティア」
03-6328-3430

平日9:00~19:30

土曜:10:00~18:30

チームビルディング(その他) オンラインで出来るアイスブレイクネタ5選!テレワークの問題を解決しよう

皆さんの会社ではテレワークを導入されていますか?

テレワークとは、ICT(情報通信技術)を活用して、時間や場所を選ばず仕事ができる柔軟な働き方を指します。「tele=離れた場所」、「work=働く」という意味の単語を合わせた造語であり、自宅やサテライトオフィスといったオフィス以外の遠隔地で働くことを総じてテレワークといいます。

実際にどのぐらいの企業がテレワークを実施しているのでしょうか。東京都の調査によると2021年7月の都内企業のテレワーク実施率は61.9%という結果でした。

新型コロナウイルスにより急速に普及したテレワークですが、メリットもあれば半ば強制的に広まったということもあり、問題や課題を抱えている方も多いようです。ここでは、テレワークの大きな課題であるコミュニケーション問題に焦点を当て、オンラインでも出来るアイスブレイク5選を紹介していきます。

物理的距離のあるリモートワークですが、心理的距離までも広がるのは避けたいところ。アイスブレイクは心理的距離を縮めるのにピッタリです。さくっと短時間で行えるものがほとんどですので、会議の前などにぜひお試しください。

■目次
1 テレワークの問題・課題とは。解決方法は?
2 アイスブレイクとは
3 何故アイスブレイクが有効なのか
4 リモートで出来るアイスブレイクのネタ5選
    4.1 おうちにあるものしりとり
    4.2 漢字自己紹介ゲーム春が旬の野菜と、それを使ったパーティーメニューについて
    4.3 似顔絵当てゲーム
    4.4 バーチャル背景トーク
    4.5 実は、自己紹介
5 オンラインで出来るアイスブレイク まとめ

 

テレワークの問題・課題とは。解決方法は?

テレワークにおいて一番の課題は社員同士のコミュニケーションが減少することです。

同じ空間にいれば、自然と会話は生まれるものですが、テレワーク下ではどうでしょうか。中には、雑談専用のチャットルームを設けたり、オンライン会議ツールを使ってオンライン上で仲間と一緒にランチタイムを過ごすといった工夫を取り入れているところもあるようです。リモートワークであっても、このようにオンライン上で定期的な顔合わせを行い、チーム内のコミュニケーションの悪化を抑制する必要があるでしょう。

しかしながら、オンラインだと空気感が分かりづらく発言しにくい、といった声があるのも事実です。そんな時に役立つのがアイスブレイクです。

アイスブレイクとは何か、次で詳しくご紹介していきます。
 

アイスブレイクとは

皆さんは新人社員研修や社員研修、初対面の人が多い会議の時に居心地の悪い緊張感を味わった経験はありませんか?

そんな固い氷のような緊張感を解きほぐすための手法を「アイスブレイク」といいます。

アイスブレイクは、緊張をほどよく解くことで、コミュニケーションを円滑にし、参加者が意見しやすい環境を作ることを目的としています。
 

何故アイスブレイクが有効なのか

緊張感をほぐし、「ベストな状態」に持っていく

アイスブレイクの一番のメリットといえば、緊張感をほぐし、その場の空気を和らげることです。緊張している状態ですと、自分の考えが相手に十分に伝えきれなかったり、積極性に欠けてしまうこともあります。

会議の前などに、アイスブレイクを取り入れて場の雰囲気を和やかにしておくことで、より効果の高い会議を行うことができます。

 

相互理解が深まる

アイスブレイクによって緊張をほぐすことで、互いの率直な意見が言いやすくなります。また、リラックスすることでコミュニケーションが促進され、普段の業務では知れ得なかった相手の一面が見られるかもしれません。

人それぞれ考え方や価値観が違うのは当たり前です。しかし、組織に属し、チームとして働くからには、メンバーと上手く連携して仕事を進める必要があります。そこで重要になってくるのが「相互理解」です。相互理解とは、お互いの考えや価値観がどういうものであるかを理解し合うことです。相互理解を深めておくことで、メンバーの得手不得手を理解し、お互いをフォローし合う環境が作りやすくなるでしょう。

 

アイディアやイノベーションが生まれやすくなる

会議では発言する人に偏りが見られる場合があります。会議の前にアイスブレイクを行うことで、発言しやすい空気を作ることができます。

全員が積極的に意見を出し合うことが出来れば、新しいアイディアやイノベーションが創出される可能性が各段に高くなります。

 

リモートで出来るアイスブレイクのネタ5選

それでは、オンラインでもすぐに取り入れられる!オススメのアイスブレイクネタ5種類を紹介していきます。

①おうちにあるものしりとり

ルールはいたってシンプル!「おうちにあるものしりとり」という名前の通り、しりとりを自宅にある物限定で行います。回答者の順番を決めたら、スタートの言葉を決めてください。例えば“し”から始めたら『しょっき』→『きのこ』→『こなチーズ』…というように家の中から実物を探して回答してください。

「おうちにあるものしりとり」は参加者がビデオ通話できる環境推奨です。回答の制限時間を30秒~1分と定めてください。時間内に回答した実物を持って来られなければアウトです。最後まで残った方が優勝です。

「おうちにあるものしりとり」の詳細はコチラ

 

②漢字自己紹介ゲーム

漢字自己紹介ゲームは2人1組のペアで行います。予め「自分を漢字1文字で表すと何の漢字か」を決めておきます。このゲームのポイントは、自分で自分の漢字の理由を答えるのではなく、ペアになった相手が相手の選んだ漢字を見ながら、想像して代わりに自己紹介をするところです。

例えばAさんが「亀」を選んだのであれば、

ペアのBさんが、Aさんの印象と漢字を照らし合わせ、

「Aさんは、亀のように慎重ですが着実にゴールに到達できる人です」と答えます。

漢字には意味があるように、その意味を考察しながら答えることで、相手のことを「知りたい」という働きかけにもなります。もしかしたら、意図するものとは異なる場合もあるとは思いますが、この人にはこの漢字がこう読み取れるのだな、という面白い発見にもなります。漢字自己紹介ゲームは、シンプルでありながらも、自然なコミュニケーションを促せるゲームです。一方的な自己紹介ではないので、記憶に残る自己紹介になることでしょう。

「漢字自己紹介ゲーム」の詳細はコチラ

 

③似顔絵当てゲーム

似顔絵当てゲームとは、その名の通り描いた似顔絵が誰なのかを当てるゲームです。必要なものは紙とペンだけですので、オンラインでも行うことができます。
1人が「当てる人」それ以外の人達で「描く人」に分かれます。

まず、描く人達は誰を描くのかを決め(当てる人はスピーカーをオフにするなどして聞こえないように工夫しましょう)、時間内に同じ人を描きます。誰を描くかは、チームのメンバー全員が知っている仕事の関係者または話題の芸能人にすると盛り上がります。絵を描く時間は1枚当たり5分以内にとどめましょう。詳細に描くよりも「特徴をつかむ」ことが大事です。当てる人は、それぞれが描いた絵の特徴を参考にしながら答えを出してください。

「似顔絵当てゲーム」の詳細はコチラ

 

④バーチャル背景トーク

「バーチャル背景トーク」とは、zoomの機能である「バーチャル背景」を活用したアイスブレイクです。

まず、参加者はお気に入りの写真1枚をバーチャル背景として設定しておきます。そしてそのバーチャル背景でビデオチャットに参加し、一人ずつ選んだ写真に対する思い出やエピソードを語ります。リモートワークだとどうしても、雑談する機会が減ります。雑談は時に職場の人間関係を円滑にする潤滑油となります。

こういったアイスブレイクを取り入れることで、会話の糸口が見つかり、相互理解が深まります。

 

⑤実は、自己紹介

「実は、自己紹介」とは、実は〇〇〇なんです、というように普段の業務上では見せられていない自分自身の意外な一面を発表する自己紹介です。

例えば、強面な男性が「実は甘いものが大好きで、コンビニのスイーツを毎回チェックするのが楽しみ」という風に話すと一気に場は和やかになり、親近感も沸くはずです。

「実は・・・」という言葉をつけるだけで、聞き手は関心を持って話を聞いてくれます。

まだお互いをよく知らないチームにもおすすめのアイスブレイクですが、深く知った仲のチームにもぜひ試していただきたいです。新たな一面を知ることで大いに盛り上がること間違いありません。

 

オンラインで出来るアイスブレイク まとめ

今回は、オンラインでも行えるアイスブレイクをご紹介しました。簡単なゲームばかりですので、気軽にお試しください。

新型コロナウイルスの影響により準備が整わない中で急速に広まったテレワーク。社員同士のコミュニケーション減少という悩みの種を抱えているチームリーダーは多いことでしょう。そんな時は意図的にコミュニケーションを図る機会をセッティングしてみてください。

アイスブレイクには、

・緊張感をほぐして、場を和ます

・相互理解が深まる

・アイディアやイノベーションが生まれやすくなる

といった効果があります。テレワークであっても心理的距離を縮め、チームの一体感を醸成してください。

 

 

おすすめのチームビルディング

具体的にチームビルディングの内容を決めかねている方は、「料理でチームビルディング」を候補の1つに入れてみてはいかがでしょうか。

「料理でチームビルディング」は、仲間と一緒に料理を作るというプロセスを経て、コミュニケーションを豊かにし、絆を深めてくれます。

パティアマガジンでは「料理でチームビルディング」とは何か?どんな効果があるのか?といった初歩的なものから、講師不要で簡単に取り入れられるものや面白いアイデアの紹介記事を定期的にアップしております。ぜひご覧ください。

人気連載企画やってみたいを後押し!料理でチームビルディングにまつわる記事一覧

 

関連記事

【内定者懇親会】親睦を深めるために「料理イベント」がオススメな理由(2021/08/27)

決起会で寿司握り体験をした話 (2021/08/3)

社内イベントは必要?「料理パーティー」を選択するメリットとは。(2021/07/30)

料理対決で盛り上がろう!会社の親睦会をより楽しくする秘訣(2021/07/27)

「料理でチームビルディング」の会場選びで抑えておくべき点とは~イベント、ワークショップでも役立ちます!~(2021/07/26)

 

\レンタルキッチンが気になったらパティアをチェック /

「レンタルキッチンスペース パティア」公式サイト

※当スペースでは、新型コロナ拡大防止対策を行っています。ご利用の際は、お客様同士の距離の確保やマスクの着用などに配慮した上で楽しんで頂けますようお願い申し上げます。