ひろびろレンタルキッチンスペース「パティア」
03-6328-3430

平日9:00~19:30

土曜:10:00~18:30

チームビルディング(その他) ゲートボールは戦略とチームワークが重要なチームビルディングにピッタリのスポーツ!

この記事を読んでいただいているということは少なからず「チームビルディング」や「スポーツ」「チームワーク」というキーワードでここにたどり着いたのではないかと思います。

数多あるスポーツの中からゲートボールに着目するとはなかなか鋭い視点をお持ちの様ですね!メジャーなスポーツであればルールや、それをチームビルディングで行うことによる効果もなんとなく想像ができるかと思います。ではゲートボールのことは詳しくご存知でしょうか?高齢の方が公園でやっているスポーツという認知度は高いと思いますが、それ以上の細かなルールまで知っている方は少ないと思います。

高齢の方々がやっていることからも分かるように、身体的な負荷は大きくありません。必要なのは戦略を練る「知力」と「チームワーク」です。パワーも体力も必要ないので部署の中に老若男女入り混じっていて皆が平等に誰でも楽しめるスポーツをお探しの方にはピッタリだと思います!

このあとルールの説明をしていきますので是非ご覧ください。ルールを知ったら、きっとやってみたいと思えるはずです!

■目次
・ゲートボールとは
 ゲートボールのルール
 点数の取り方と勝敗
 その他のルールや反則
・味方を思いやるチームプレーが勝利のカギ!?

 

ゲートボールとは

チームビルディングスポーツ ゲートボール

詳しいルールの前にゲートボールについて簡単に説明します。ゲートボールはクロッケーという球技をもとにして1940年頃に日本で作られたスポーツです。ボールを打つ動作はなんとなく想像しやすいと思います。その動作からお年寄りがやるゴルフのようなスポーツと認識されがちですが、戦術的な部分はビリヤードに似ています。ビリヤードは個人競技ですが、ゲートボールは複数人のチーム戦です。チーム全員でコミュニケーションを取りながら自分のチームを有利にしたり、相手のボールの行く先を読んだりと戦略を立てながら勝利を目指すスポーツです。年齢や言葉、身体的な違いに関係なく楽しめるユニバーサルスポーツでもあります。それでは細かいルールの説明です。

 

ゲートボールのルール

・プレー人数

1チーム5人 5人対5人で対戦します。この際プレーヤーには背番号を付けます。奇数のチーム(1、3、5、7、9)と偶数のチーム(2、4、6、8、10)に分かれます。(チームビルディングとして行う際に、人数が揃わなければ4人対4人・3人対3人でもゲームは可能です。)

 

・ゲーム時間

30分間です。

 

・コートの大きさ

縦15m横20mです。コートの中に第1~第3ゲートまで3つのゲートと、コート中央に一本のゴールポールがあります。

 

・ボールの打順

赤い色の付いたボールと、白い色の付いたボールがあり、それぞれに番号が書かれています。赤球には(1、3、5、7、9の奇数)白球には(2、4、6、8、10の偶数)が書かれているので番号順に打っていきます。1番の背番号を付けたプレーヤーは1番のボールを打ちます。10番まで回ったら1番に戻りゲーム終了まで繰り返します。(プレーヤーの人数とボールの数は同数にしてください。3人対3人の場合は1~6番までの6つのボールを使用します。)

 

点数の取り方と勝敗

・ボールがゲートを抜けるとプレーヤーに1点が入ります。ただし第1ゲートから順番に通さないと得点が入りません。

・第3ゲートを通したら最後はゴールポールを狙います。ゴールポールに当たったら2点がプレーヤーに入ります。ゴールポールに当てたらそのプレーヤーは「あがり」といいそのプレーヤーはゲーム終了です。あがったらまだプレーしているチームのメンバーの応援やアドバイスを行いましょう。

・ゲートを通して3点、ゴールポールに当てて2点、1人最大5点獲得可能です。

・30分のゲーム時間が終了した時点でチームの合計点数が高い方が勝利となります。

 

その他のルールや反則

・アウトボール

自分が打ったボールがコートの外に出てしまった場合や、他のプレーヤーの打ったボールが当たって弾き出されてしまった場合アウトボールとなります。アウトボールになったら次に打順が回って来た際に、コートの中に打ち入れて復帰します。その際、ゲートを通したりゴールポールに当てても得点になりません。コート内に打ち入れるだけで自分の番が終了してしまうのでアウトボールにならないようにボールをコントロールする必要があります。

 

・タッチとスパーク打撃 

自分が打ったボールが他のボールにぶつかることを「タッチ」と言います。タッチをしたら、タッチしたボールで「スパーク打撃」を行うことが出来ます。スパーク打撃とは自分の打ったボールの隣にボール(ぶつかったボール)を置き、自分のボールを足で踏んで固定します。その状態で自分のボールを打つと隣に置いたボールだけが飛んで行きます。スパーク打撃するボールが味方のボールだったらゲートを狙ってサポートをしても良いですし、相手ボールだったら遠くに飛ばして相手を不利な状態にしてもOKです。

 

・2打続けて打てる場合 

基本的には打順1回につき1打ですが、「ゲートを通った時」と「スパーク打撃をした時」はさらに続けてもう1打できます。仮にゲートを通った後にタッチをしたら、「ゲートを通った時」と「スパーク打撃をした時」でそれぞれ1打ずつ付与されるので、スパーク打撃の後に2打も打つことが出来ます。こういったビッグプレーがあると戦局を大きく変えることが出来ますし、うまく決まったら盛り上がること間違いなしです。

 

・二度タッチ 

スパーク打撃の後は続けてボールを打つことが出来ますが、その際に再度同じボールにタッチするとルール違反となります。2度目にタッチした場所の一番近い所からアウトボールになります。

 

・10秒ルール

1打につき10秒以内に打たないといけないルールが存在します。10秒以内に打てないとその場で失格となり、以降のゲームに参加出来ません。これは点数的にリードしているチームが遅延行為を行わない様にする為のルールです。チームビルディングで行う際は慣れていないでしょうから、20~30秒程度に緩和してもいいかもしれませんね。

 

公式のルールでは他にもより細かなルールが決められていますが、チームビルディングとして行うのでしたら上記のルールを守れば十分に楽しめると思います。

 

ゲートボールの道具はインターネットで40000~50000円で全員分のセット一式を揃えることが出来ます。そこまでお金をかけたくないよという方はまずは手作りでゲートボールの楽しさを知ることから始めても良いかもしれません。材料は100均でも揃えられると思います。ボールはゴムボールやテニスボールにマジックペンで番号を書きます。スティックは箒などの長い柄がついたもの。ゲートはティッシュ箱を二つ立てて置けばOKです。2000~3000円で準備が出来ると思います。この場合は風の影響を受けやすいので広めの会議室等の屋内で行うことをお勧めします。

 

味方を思いやるチームプレーが勝利のカギ!?

ゲートボールに触れあった事の無い方にとっては細かなルールもあり、文章だけだとイメージが湧きにくいかもしれませんので、実際にチームビルディングで行う際には練習ゲームを何度か行ってから本番のゲームに臨むようにしてください。

ルールや戦略を理解した上でゲートボールをプレーしたら誰でも楽しいと感じることが出来るはずです。老若男女入り混じるチームビルディングにおいて「誰でも」楽しめるということはとても大切ですよね。ゲートボールでは全力ダッシュはしません。急いでいても早歩きか小走り程度です。さらにボールを打つ時にも必要なのは「力」ではなく、ちょうどいい所にボールを動かす「力加減」なので体力の心配は不要です。

体力の代わりに必要なのは知力とチームワークです。ゲートボールは制限時間内にチーム全体で点数がどれだけ取れたかを競う競技です。もちろん自分自身が点数を稼ぐ事も重要ですが、それ以上に重要なのは相手が点数を取りにくくする事と、味方が点数を取りやすくなるようにする事です。自分がゲートを狙えない位置にいる時は相手プレイヤーの妨害になるところに打ったり、味方プレイヤーの盾になる位置に打ったりと戦略は様々です。戦略のバリエーションが豊富なので、味方同士で作戦を共有することが求められます。自分の思い描く作戦を味方へ正確に伝えることでコミュニケーションが活性化されます。自分たちで考えた作戦がうまく決まった時には達成感を感じ、チームの団結力も高まること間違いなしです。

このように知力とチームワークがあれば誰でも楽しめるスポーツなので、老若男女入り混じる部署で楽しくチームビルディングをしたいと考えているなら一度ゲートボールをやってみてはいかがでしょうか。

 

 

関連記事

「ダブルダッチ」で呼吸の合わせ方をマスターしてコミュニケーション能力をUPさせましょう!(2021/12/09)

ブラインドサッカーは見えない世界に不安がいっぱい!仲間を信じてチームワークを高めよう!(2021/11/12)

社内イベントを開催するなら秋がオススメ!秋はイベントの宝庫。(2021/08/20)

 

\レンタルキッチンが気になったらパティアをチェック /

「レンタルキッチンスペース パティア」公式サイト

※当スペースでは、新型コロナ拡大防止対策を行っています。ご利用の際は、お客様同士の距離の確保やマスクの着用などに配慮した上で楽しんで頂けますようお願い