ひろびろキッチン付きレンタルスペース「パティア」
03-6328-3430

受付:10 : 00~18 : 30

パーティーのノウハウ ホームパーティーに使えるおすすめ調理家電

ホームパーティーを特別な時間にしたいなら、パーティーが盛り上がるような調理家電を取り入れてみるのがおすすめです。おもしろい調理家電やみんなで囲める調理家電がひとつあれば、それそのものがパーティーのイベントのひとつになります。

では、ホームパーティーに使える調理家電にはどのようなものがあるでしょうか。ワッフルボウルメーカーやたこ焼き器、ポットデュオ、無煙ロースター、卓上フライヤーなどがおすすめです。それぞれどのような調理家電なのかご紹介していきます。

ホームパーティーで使えるワッフルボウルメーカーってどんな調理器具?ワッフル以外のアレンジとは?

ホームパーティーで使える調理器具のひとつに、「ワッフルボウルメーカー」があります。ワッフルボウルメーカーとは、ワッフルでできた「食べられる器」をつくる機械です。

ボウル型に焼いたワッフルの中に好きな料理や具材を入れれば、器までまるごと食べることができます。写真映えもするので、パーティーでおもてなし料理として出せば、盛り上がること間違いありません。

シュガーレスの生地にすればおかずにもなり、幅広く活用することができます。

また、ワッフルだけでなく、アレンジレシピも多彩です。ごはんを使えばライスボウル、食パンを使えばトーストボウルや立体的なサンドイッチ、お好み焼き粉や焼きそばでいつものメニューが劇的におしゃれなひと品に変身します。

ホームパーティーで使えるたこ焼き器ってどんな調理器具?たこ焼き以外のアレンジとは?

たこ焼き器は、屋台のたこ焼き屋さんが使っているような大きな鉄板だけでなく、家庭用のものもあることをご存知でしょうか。家庭用のたこ焼き器にもいろいろな種類があり、ガスの直火で焼くものもあれば、ホットプレートの様に電気で焼くものもありますし、サイズもいろいろです。

さらに、ホットプレートセットとして売られていて焼き肉用、焼きそば用、たこ焼き用などと用途に応じて付け替えて使えるようなものもあります。

ホームパーティーで活躍するのは、ホットプレートセットです。一台で、天板を途中で取り換えるだけで、焼肉や焼きそば、たこ焼きを続けて楽しむことができますし、大き目のものを用意しておけば、みんなでホットプレートを囲むことができるからです。

たこ焼きも、定番具材だけにこだわらず、ウィンナーやチーズなど、好みのものを入れて作れば、さまざまなバリエーションを楽しむことができます。一つだけ具材を変えたものを作っておいて誰がそれを食べることになるのか、おみくじのように楽しむこともできます。

さらに、たこ焼き粉のかわりにホットケーキミックスを使えば、屋台で売られているカステラ焼きのようなスイーツを作ることもできます。

ホームパーティーで使えるポットデュオってどんな調理器具?どんな事ができる?

ホームパーティーで使える調理器具のひとつに、「ポットデュオ」があります。ポットデュオとはコンパクトサイズの卓上電気鍋のことで、1台で煮る、焼く、蒸す、揚げるといった調理が、テーブル上で可能になります。

小さめサイズなのでパーティー会場への持ち運びもしやすく、場所も取らないのでたくさんの料理が並ぶパーティーでも大変便利です。

シチューやフォンデュを熱々のままテーブルに置いておけるので、誰がどのタイミングで食べたくなっても美味しく食べてもらえます。焼く機能を選び、ステーキやハンバーグをその場で調理し、出来立てを食べてもらうのもよいでしょう。

蒸す機能を用いてヘルシーな野菜蒸しやシュウマイを並べておくのもよいです。揚げる機能では、好きな具材を食べる分ずつ揚げながらいただく串揚げやオイルフォンデュなど、ゲストと一緒にその場で調理しながら食べることが可能です。

ホームパーティーで使える無煙ロースターってどんな調理器具?どんな楽しみ方ができる?

ホームパーティーの時に、焼き肉や焼き魚など、色々好きなものを焼いて楽しみたいけれど、服ににおいがついてしまったり部屋が煙で曇ってしまったりするのが困るからと諦めていませんか。

そんなときにおすすめなのが、「無煙ロースター」です。無煙ロースターは、その名の通り、煙が出ないつくりになっているので、会場宅やお隣のお宅に迷惑をかけることもありませんし、出席者に赤ちゃんや煙が苦手な人がいても問題ありません。安心して、室内やお庭、ベランダやバルコニーなどの好きな場所で、焼き肉や焼き魚、焼き芋などを楽しむことができます。

煙が出ないのになぜ加熱できるのか不思議に思われる方もいらっしゃることでしょう。無縁ロースターは、炭火による遠赤外線の効果で中まで火が通ります。ですから、お肉やお魚をひっくり返す手間も不要で、とてもおいしく仕上がる優れものです。

ホームパーティーで使える卓上フライヤーってどんな調理器具?どんな楽しみ方ができる?

最近人気の、ホームパーティーなどでも大活躍の「卓上フライヤー」という調理器具があります。

種類は大まかに二つ、電気フライヤーとノンフライヤーがあります。

電気フライヤーは0,5〜2Lほどの食用油を入れて電気で温度調整をしながら揚げていくものです。ノンフライヤーは文字通り油を使わず、食材の持つ油分を生かし熱風を当てる事で揚げ物を調理するものです。

それぞれにメリットとデメリットがあります。電気フライヤーはその機種に応じた適量の食用油を使わないと、安全面でも調理の効率面でも不具合が起きます。しかしホームパーティーなどで各自が同時に使用できることや、調理時間の短さが長所です。

ノンフライヤーは何と言ってもカロリーカットができ、ヘルシーなことです。しかし調理に時間がかかる場合があることや、機器が電気フライヤーよりも割高なことが難点です。

とはいえ、どちらも手軽に安全に揚げ物が楽しめるのが大きな魅力です。火を使わず温度調整を機械が行うため、小さなお子さんでも保護者と一緒に串揚げなどの調理に親しむことができます。タイマー調理ができるものもあり、ホームパーティーでも強い味方になるでしょう。

ホームパーティーにおすすめの調理家電まとめ

ホームパーティーをより楽しむためには、調理家電にこだわってみませんか?できたてを食べることができるだけでなく、参加者も一緒に調理すれば、それだけでイベントのひとつになり、楽しさが増します。

具体的には、ワッフルボウルメーカー、たこ焼き器、ポットデュオ、無煙ロースター、卓上フライヤーなどがおすすめです。

ワッフルボウルメーカーで食べられる器を作って、好きなフルーツやアイスクリームを自分でトッピングすれば、食べる楽しみも倍増し、写真映えもします。たこ焼き器ではいろいろな具材に挑戦してみてはいかがでしょうか。得意な人も不得意な人も一緒になってたこ焼きをひっくり返してみるだけでも楽しいものです。無煙ロースターがあれば焼肉などでも煙やにおいを気にせず調理できますので安心です。

あなたのホームパーティーにも、おすすめ調理家電をぜひ取り入れてみてください。

 

\レンタルキッチンが気になったらパティアをチェック /

「レンタルキッチンスペース パティア」公式サイト

※当スペースでは、新型コロナ拡大防止対策を行っています。ご利用の際は、お客様同士の距離の確保やマスクの着用などに配慮した上で楽しんで頂けますようお願い申し上げます。