ひろびろレンタルキッチンスペース「パティア」
03-6328-3430

平日9:00~19:30

土曜:10:00~18:30

パーティーのノウハウ ホームパーティーで活躍する卓上IHの上手な使い方

ホームパーティーでは何といっても皆で楽しく飲み食いするのが楽しみです。予め料理をたくさん並べておくのも良いですし、皆で持ち寄るのも手ですが、その場で調理し、出来上がったものを食べるのはより一層楽しい時間となるでしょう。

また、冬場のホームパーティーなどであれば、いくら暖房をつけていても料理はすぐに冷めてしまいがちなので、卓上調理器具があると、熱いままいただくことができるのでおすすめです。

さて、その場で調理するとなると、たこ焼き器やホットプレートなどを思い浮かべると思いますが、ここでは卓上IHについてご紹介していきます。卓上IHとは何なのか、どのような料理ができるのか、なぜホームパーティーにおすすめなのかについてまとめていきますので、次回のホームパーティーに取り入れてみませんか。

■目次
・ホームパーティーで活躍する卓上IHってなに?
・ホームパーティーの準備で卓上IHが活躍する理由とは?
・ホームパーティーでガスコンロやホットプレートじゃなくて卓上IHがおすすめの理由とは?
・ホームパーティーで使える卓上IHの選び方とは?
・ホームパーティーで卓上IHクッキングヒーターを使ったおすすめのレシピってどんな物がある?
・ホームパーティーでの卓上IH活用術!IH選びからおすすめメニューまで
・関連する記事

 

ホームパーティーで活躍する卓上IHってなに?

ホームパーティーで活躍する卓上IHとは何なのでしょうか。

まず、IHはInduction Heating(電磁誘導加熱)の頭文字を取った言葉で、電気を熱に変える仕組みの一つです。金属の近くで磁石を動かすと電気が生じます。この時に生じた電流を渦電流と呼び、これが発生している鍋やフライパンなどの金属には熱が発生します。これにより直接鍋やフライパンを温める仕組みがIHになります。IHクッキングヒーターと呼ばれるように、これまではキッチンの一部としてのガスコンロに変わる存在として使われていました。

さて、卓上IHとは、キッチンに組み込まれたような大きなヒーターではなく、テーブルの上でも使えるような小型のヒーターです。従来、金属は磁石が付く金属に限られていましたが、最近のIHでは銅の鍋でも使えるようなタイプも開発されています。電気の力を鍋の金属に伝えて発熱される仕組みは、高周波のコイルを使うといった複雑な構造となりますが、熱効率はかなり高くなります。

 

ホームパーティーの準備で卓上IHが活躍する理由とは?

最近のホームパーティーではキッチンではなくリビングの卓上で簡単に調理することが増えています。そこで活躍するのが卓上IHですが、なぜ卓上IHはホームパーティーで活躍しているのでしょうか。

卓上IHがなぜホームパーティーで人気のアイテムになっているかというと、高火力なため参加者を待たせずに調理できるという点があります。また、準備段階でキッチンのコンロをすべて使ってしまっていたとしても、卓上IHがあると同時進行でできる料理の幅が広がります。

円形になっているので、食卓の中央に設置しやすく、全ての方向から調理しやすく、出来上がった料理が取り分けやすいのも魅力です。皆で顔を見ながら調理し、出来上がった物をアツアツの状態で食べると自然と笑顔になります。鍋などに汚れもこびりつきにくいため、後片付けも非常に楽です。ガスボンベのように廃棄物の処理に困ることもありません。

ただし、電源が必要になるため、コンセントからコードで電気を取らなければなりませんので、お子さんやペットがいると引っ掛かって転倒しケガをすることもあります。それを防ぐため、コードが簡単に抜けるマグネット式のものもあります。さらに安全機能として、自動電源オフ機能、チャイルドロック機能を持ったタイプも出ています。

 

ホームパーティーでガスコンロやホットプレートじゃなくて卓上IHがおすすめの理由とは?

ホームパーティーでは皆で調理しながら食べるのが一つの楽しみです。調理するには熱源が必要ですが、最近はガスコンロやホットプレートより卓上IHがおすすめだといわれています。それはなぜなのでしょうか。

卓上IHの最大のメリットは火を使わないことです。火を使わないため火災になることがありません。火を使わないことで室内が暑くならず、空気も汚れないというメリットもあります。夏場にガスコンロを使って調理するのは、想像しただけでも汗が出てきます。

また、卓上IHはプレート面がフラットになっています。そのため手入れが非常に楽で、少しの汚れなら水で濡らした布巾で軽く拭き取ることができます。さらに、卓上IHは厚みがカセットコンロの半分ほどでかさばりませんので、パーティーが終わってしばらく収納しておくには非常に扱いやすいサイズになっています。

卓上IHは電熱線タイプのホットプレートに比べ圧倒的に熱効率が良く、温度が上がる時間の速さにも格段に差が出ます。調理に適した温度になるのに、電熱線タイプのホットプレート

ならかなり電気を食いますが、速く適温になる卓上IHなら電気代の節約にもつながり経済的です。

 

ホームパーティーで使える卓上IHの選び方とは?

手軽に卓上で調理できる卓上IHは、ホームパーティーでも人気のアイテムです。卓上IHをこれから買う場合、どのような商品を選ぶとよいのでしょうか。チェックポイントをご紹介していきます。

消費電力でいうと1400W程度のものがおすすめです。あまり低いワット数のものは、調理できる料理が限られたり、調理時間がかかったりする心配があるからです。

調理という点に特化すれば、加熱調整が細かくできるタイプが便利です。また、揚げ物対応の機種なら、その場で揚げたてが食べられます。ホームパーティーならおやつにドーナツを揚げてみるのもおすすめです。

お子さんも参加するホームパーティーの時に心配なのはお子さんが卓上IHのコードに引っ掛かってひっくり返してしまうということです。こういった事故を防ぐため、コードは長めのもの、マグネット式ですぐに外れるものなど、安全機能が充実したものを選びましょう。

それから、意外と困ることが多いのが電源を入れてから出る動作音です。動作音が大きい卓上IHでは、パーティーの参加者同士の話が聞きにくくなってしまいます。ですから、店頭で確認できれば音の出具合をよく聞いておきましょう。もし確認できなければ口コミを参考にして下さい。

 

ホームパーティーで卓上IHクッキングヒーターを使ったおすすめのレシピってどんな物がある?

卓上IHはテーブルの上に置くと、周囲のどこからでも調理できます。ではホームパーティーで卓上IHを使う場合、どのような料理が合うのでしょうか。

調理してすぐに食べられるという点では、串揚げなどはどうでしょうか。普段家庭で串揚げをしても、その場にいない方は電子レンジで温め直して食べることになります。実際には温まりますが美味しさは半減です。しかしホームパーティーならその心配はありません。温度設定も楽にできるので、小学校高学年くらいのお子さんでも簡単にできます。

温めながら皆で楽しめるという点ではチーズフォンデュもおすすめです。火が強すぎると焦げる心配がある料理ですが、卓上IHなら低温設定や「とろ火モード」も選べ、手頃な温度で長い時間楽しめます。

寒い季節になるとおでんも楽しいです。できたてを食べると場も和むでしょう。

 

ホームパーティーでの卓上IH活用術!IH選びからおすすめメニューまで

ホームパーティーでは、卓上調理器具が重宝されます。その理由としては、たくさん調理するのでコンロがいっぱいになってしまうこと、皆で調理することそのものが楽しめること、できたてを熱いまま食べることができることなど、様々な点があげられます。そんな卓上調理器具の中でも特におすすめなのが、卓上IHです。

卓上IHをこれから買うなら、1400W程度以上のものがおすすめです。あまりワット数が低いと調理に時間がかかったり必要な熱をかけられなかったりします。コードにひっかかってひっくり返すリスクを避けるためには、コードがマグネット式ですぐ外れるものが良いでしょう。

卓上IHでは串揚げやドーナツを揚げたり、チーズフォンデュのように弱火で加熱しながらいただいたりするのがおすすめです。

 

関連記事

 

 

\レンタルキッチンが気になったらパティアをチェック /

「レンタルキッチンスペース パティア」公式サイト

※当スペースでは、新型コロナ拡大防止対策を行っています。ご利用の際は、お客様同士の距離の確保やマスクの着用などに配慮した上で楽しんで頂けますようお願い申し上げます。