ひろびろレンタルキッチンスペース「パティア」

03-6328-3430

平日9:00~19:30

土曜:10:00~18:30

パーティーのノウハウ ドレスコードの種類とは?パーティーに参加するときの注意点②

パーティーに参加するときには、服装に気を付けましょう。パーティーだからお洒落をしたいと思う方はたくさんいらっしゃるでしょうが、ただ好きなようにお洒落をすればよいとは限りません。

パーティーにはドレスコードが指定されている場合があります。ドレスコードとは、日本語でいえば「服装規定」と呼ばれるもので、着るべき服装の格式です。パーティーの雰囲気を守るため、自分だけ場違いな服装で参加してしまって恥ずかしい思いをしないため、ドレスコードは守るべきです。

ここでは、ドレスコードにはどのようなものがあるのかを具体的にご紹介していきます。

前回の記事では、「フォーマル」、「セミフォーマル」、「インフォーマル」の3種類のドレスコードについて紹介しました。

前回記事:ドレスコードの種類とは?パーティーに参加するときの注意点①

今回は「スマートエレガンス」、「カジュアルエレガンス」、「ビジネスアタイア」、「スマートカジュアル」の4種類についてご紹介していきます。

パーティーの種類や開催時間、参加する立場などによって、ドレスコードは変わってきますので、よく注意して、ドレスコードに合った服装を心がけましょう。

ドレスコードのスマートエレガンスってどういう格好?どういう行事に着ていくの?

「スマートエレガンス」とは、7段階あるドレスコードのうちの、4段階目に位置づけられるものです。高級ホテルやレストランでのお食事、カジュアルな結婚式や二次会で指定されることが多いです。カジュアルなドレスコードのうち最もフォーマルに寄っているので、やや華やかな装いになります。

男性の場合は、ダークスーツが主流です。色は暗めが無難ですが、場合によっては紺やグレーでも問題ないでしょう。柄は無地または光沢のあるシャドーストライプで、靴は全体が締まるよう黒の革靴がよいです。

女性の場合は、スカートでもパンツスタイルでも問題ありません。どちらにしても、露出度が多くならないように気をつけましょう。シフォンやレースの素材だと、華やかさと露出度の抑えを両立できます。足元も露出度が高くならないよう、つま先の開いていないタイプのパンプスを選びましょう。

ドレスコードのカジュアルエレガンスってどういう格好?どういう行事に着ていくの?

カジュアルエレガンスとは、スマートエレガンスをカジュアルダウンさせ、よりシンプルにしたドレスコードになります。スマートエレガンスよりスッキリしたシルエットのものが多く、多くのシチュエーションに合わせやすい服装です。

カジュアルという言葉から、少しラフな服装と勘違いしがちですが、あくまでもフォーマルなどと比べてカジュアルダウンした服装という意味になります。フォーマルより堅さはないものの、ドレスコードなので基本的には上品な服装にするのがおすすめです。女性の場合、ブラウスとスカートやワンピースにパンプスを合わせる服装が一般的です。

カジュアルエレガンスが指定されるのは高級レストランやホテルなどです。このような場所での会食、お見合い、結婚式の披露宴など、少し緊張するシチュエーションで必要となる格好になります。

ドレスコードのビジネスアタイアってどういう格好?どういう行事に着ていくの?

ドレスコードの一つに「ビジネスアタイア」というものがあります。

このビジネスアタイアは会社関連のパーティーなどで指定されることが多いドレスコードで、アタイア(attire)とは儀式のための衣装という意味です。

仕事服になるので、普段使っているビジネススーツがビジネスアタイアになります。ネクタイも普段使っているもので問題なく、結び方は一般的で簡単なプレーンノットが望ましいです。カフリンクスや腕時計などの小物による演出も忘れないようにしましょう。

女性の場合はモノトーンのスーツスタイルが無難です。ブラックだと就活に見えるので、おしゃれにグレーやネイビーなどにするのもおすすめです。

ビジネスアタイアは、会社の創立記念パーティー・式典、入社式、その他ビジネス関係のパーティーで指定されることが多いドレスコードです。

ドレスコードのスマートカジュアルってどういう格好?どういう行事に着ていくの?

スマートカジュアルとは、結婚式などのフォーマルと、普段着などのカジュアルとの中間の格好になります。分かりやすく言えば、すこしおしゃれなよそ行きの格好です。ある高級ホテルが、「堅苦しくなく、気楽で上質な時間を提供したい」という思いから考案したドレスコードがスマートカジュアルだと言われています。

女性の場合、イメージとしては女子アナウンサーの清楚なスタイルを思い浮かべると分かりやすいです。シンプルなワンピースや、シルエットのきれいなパンツスタイルなどの上品な服装がスマートカジュアルに適します。ただ、生足、つま先の見える靴、デニム、肌の露出の多い服装はNGなので注意して下さい。

男性の場合はカジュアルに近いジャケットにパンツを合わせたスタイルまでが許されます。

ビジネスカジュアルと被る部分もありますが、スマートカジュアルのシチュエーションとしては、レストランでのデート、謝恩会や立食パーティーなどが多いです。「普段着でお越しください」と案内があればインフォーマルかスマートカジュアルにするのがおすすめです。

ドレスコードがあるパーティーに参加するときの注意点とは?

ドレスコードがあるパーティーは決して珍しくありません。そのようなパーティーに参加する場合、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

ドレスコードは様々な場所や機会に適した服装のことで、その場に相応しい服装の基準でありマナーとなっています。パーティーでのドレスコードにデザインや色の決まりはありませんが、ある程度フォーマルで上品な格好が求められます。

招待状にドレスコードが書かれていることが多く、その場の雰囲気に合わせた格好で参加することは、パーティーを楽しむための大前提です。ドレスコードが分からない場合、前もって主催者や会場に確認しておくことをおすすめします。

知っておくと安心!パーティーに参加するときのドレスコードとは

ドレスコードとは、そのパーティーにはどのような服装で参加するべきかという服装規定のことで、これを守ることはマナーでもあります。ドレスコードを守ることで、パーティーの雰囲気を守り、統一感を出したり、周りから浮くような服装で参加してしまうのではという参加者の心配をなくしたりすることができます。

注意が必要なのは、カジュアルエレガンスやスマートカジュアルなどといったドレスコードです。ドレスコード名に「カジュアル」と入っているので普段着でよいような印象を持ちますが、フォーマルと比べてカジュアルなのであって、普段着ではいけません。ドレスコードが指定されているときは、指定されたドレスコードをよく調べ、適した服装でパーティーに参加するように心がけましょう。

 

\レンタルキッチンが気になったらパティアをチェック /

「レンタルキッチンスペース パティア」公式サイト

※当スペースでは、新型コロナ拡大防止対策を行っています。ご利用の際は、お客様同士の距離の確保やマスクの着用などに配慮した上で楽しんで頂けますようお願い申し上げます。