ひろびろレンタルキッチンスペース「パティア」

03-6328-3430

受付:10 : 00~18 : 30

パーティーのノウハウ ホームパーティーにおススメのコーデとは?

ホームパーティーはどのような服装で参加すればよいのでしょうか。ホームパーティーといえども、必ずしも会場が家であるとは限りません。会場や、メンバーとの関係性を考慮して、適したコーディネートで臨みたいものです。

ここでは、シチュエーション別におすすめコーディネートをご紹介していきますので、参考にしてみてください。

ホームパーティーにお呼ばれしたときのコーディネートで注意したいこととは?

ホームパーティーにふさわしいコーディネートについて、あなたはご存知ですか。会社関係のパーティーなら悩んだ末にスーツで行ってしまったり、仲良しとのパーティーには普段着のままだったりしていませんか。パーティーに合わせたおしゃれをするだけで、緊張する会合もいつもの集まりもぐっと楽しくなります。

ホームパーティーにお呼ばれしたときにはふさわしい服装があります。また、女子会、会社関係、ママ友の集まり、といったホームパーティーのタイプによっても、好ましい服装はちがってきます。

すべてのホームパーティーに共通して求められるのは、動きやすい服装で参加することです。ホームパーティーでは、お呼ばれした側であっても料理や配膳、後片付けを手伝う場面が出てきます。そんな時にお洋服を気にせずにサッと動けるコーディネートが理想です。例えば、袖はたくしあげられるキャンディースリーブにする、パンツなら裾を踏んでしまいやすいワイドパンツは避ける、アクセサリーは動作の邪魔になるロングタイプではなくショートのネックレスにするなど、自分がただ座っているだけでなく、楽しみながら身体を動かす様子をイメージしてコーディネートを決めていきましょう。

また、お店ではなく、お家へのお呼ばれなので、足もとにも工夫が必要です。玄関でモタモタしなくて済むようにロングブーツは避けて脱ぎ履きのしやすいパンプスを選びましょう。もし、お庭に出るパーティーならピンヒールは避けましょう。

友人宅のホームパーティーにお呼ばれしたときのおすすめのコーディネートとは?

 忘年会、新年会、送別会など、冬はなにかとイベントが増える季節です。友人宅にお呼ばれしてホームパーティーをする機会も多くなってくるでしょう。そのようなシチュエーションに相応しいファッションについてご紹介します。

寒い時期だからこそ、ニットは欠かせませんが、トップスはダボついたものではなくタイトなものを選びましょう。料理を取り分けたり配膳や後片付けをしたりするときに、袖にボリュームがあると作業がしにくかったり料理に袖がついてしまったりしかねません。

ボトムスは動きやすさを重視して、スカートなどがおすすめです。ただし、頻繁に立ったり座ったりすることを考え、ミニスカートやタイトスカートは避けた方がよいでしょう。タイトめのニットにはボリュームのあるフレアスカートを組み合わせると品もありながら華やかでおすすめです。

せっかくの友人とのパーティーですから、ドレッシーな服装を意識して、ワンポイントで鮮やかなカラーを取り入れてみるのもおすすめです。

上司のおうちのホームパーティーにお呼ばれしたときのおすすめのコーディネートとは?

ホームパーティーの中でも最も服装に悩むのが、上司のおうちのホームパーティーにお呼ばれしたときのコーディネートです。行ってみたら場違いな服装だったという事態を防ぐためのコツをご紹介していきます。

大前提として、ホームパーティーに招待されたときにはカジュアルすぎるファッションは避けましょう。だからといって、ビジネススタイルほどのかっちりとした服装である必要はなく、適度な華やかさと清潔感のある服装が好まれます。これに加え、華やかすぎる服装は避け、大人っぽく上品なコーディネートを意識してみましょう。例えば、ジャケットに柔らかいプリーツスカートを組み合わせると程よい女性らしさを演出することができます。色合いは白やブルーといった爽やかなカラーや品のあるベージュがおすすめです。反対にバッグや靴を黒でまとめると全体的にコーデが引き締まります。

もてなされる側の立場とはいえ、食事の手伝いもすることを念頭に置き、エプロンはカバンに忍ばせておきましょう。

ママ友のおうちのホームパーティーにお呼ばれしたときのおすすめのコーディネートとは?

ママ友のおうちのホームパーティーに呼ばれた時はその場に合ったコーディネートで参加したいものです。パーティーですから気合を入れて華やかな格好で行きたいかもしれませんが、基本はちょっとオシャレ度高めの、動きやすさも考えた服装がおすすめです。汚れの目立ちにくい色を選べば、気楽に食事を楽しむことができますし、動きやすいデザインなら子供たちと遊んだり、ちょっと腕まくりをしてお手伝いをしたりするのにも便利です。

センスに自信がない場合は、ドッキングワンピースやセットアップが良いでしょう。変化を付けたいなら柄もののバッグといった小物をプラスしてみるのもいいでしょう。

足もとは脱ぎ履きで時間をとられない靴、服装に合ったソックスやタイツを選ぶことを忘れないように気を付けてください。

招待する側のホームパーティーでのおすすめのコーディネートとは?

ホームパーティーには、もてなす側にも適したコーディネートがあります。料理の準備に部屋の片づけなど、色々と忙しいもてなす側ですが、招待するときの服装についても、当日に慌てることがないように事前にチェックしておきましょう。

まず、自宅だからといって素足は避けましょう。靴下やタイツを履きましょう。これらは事前に穴が空いていないか毛玉ができていないかチェックしておくと、当日焦ることがありません。

それから髪の毛は、ダウンスタイルはなるべく避けましょう。食事の準備をするなど、意外と家の中で動きまわることがあります。普段ダウンスタイルの方も、髪の毛が料理に入って気まずい思いをしないように、できるだけまとめ髪にすることをおすすめします。髪の毛をすっきりとまとめ、耳元に大ぶりのピアスやイヤリングを付ければおしゃれ感を演出できるでしょう。

また、身だしなみに時間をとることも大切です。朝から準備などに追われて、ついつい、ホスト側だからと、化粧にまで時間をかけられない場合があります。しかし、最近ではゲストの方に頼まれてホスト側として写真を撮ることもあります。そうした時に、後悔しないためにも、できるだけパーティー当日は、自分の準備にも時間をかけられるスケジュールを組んでおきましょう。

また、あまり高級すぎない服装にしましょう。ホームパーティーでは、皆で料理をする場面も多いです。料理につきものなのが、洋服が汚れてしまうことです。子どもがジュースをこぼして、洋服を汚してしまう場面もあるかもしれません。そんな時に、相手に気をつかわせないためにも、汚されても気にならないような服装にしましょう。

ホームパーティーにおススメのコーディネートまとめ

ホームパーティーでは、招く側もお呼ばれした側も、ホームパーティーに適したコーディネートというものがあります。ホームパーティーは招く側だけでなくお呼ばれした側も、料理に参加したり準備や片付けもしたりする可能性が高いですから、動きやすい服装で、汚れても目立ちにくい色のものを選んでおくとよいでしょう。

だからといってあまりにカジュアルすぎてもいけません。トップス、特に袖はボリュームの少ないものを選んだり、長い髪はまとめるアレンジをしたりしながら、場にあった華やかなコーディネートを心がけましょう。

同じホームパーティーでも、上司のお宅に招かれた場合やママ友、昔からの友達の家など、誰とどこで行うホームパーティーかによって、コーディネートを調整するとよいでしょう。

 

\レンタルキッチンが気になったらパティアをチェック /

「レンタルキッチンスペース パティア」公式サイト

※当スペースでは、新型コロナ拡大防止対策を行っています。ご利用の際は、お客様同士の距離の確保やマスクの着用などに配慮した上で楽しんで頂けますようお願い申し上げます。